ホワイト企業に関する調査・アンケートや最新の動向がわかるメディア。

福利厚生サービスのJTBベネフィットが「健康経営優良法人2019〜ホワイト500〜」に認定

前のページへ戻る

企業・法人に福利厚生サービスを提供する株式会社 JTBベネフィット(東京都江東区 代表取締役社長:重田毅 以下、 JTB ベネフィット)は、 2019年2月21日に、 経済産業省・日本健康会議が選ぶ「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されました。

1.JTBベネフィットの取り組み概要

(1)「健康経営宣言」の発信と推進体制の構築
JTBベネフィットでは、 「健康経営宣言」を行い、 代表取締役社長を統括責任者とする委員会を中心とし、 全従業員とともに健康経営に取り組んでいます。

(2)「4つの健康」へアプローチ
健康を「健康なカラダ」、 「健全なココロ」、 「働きやすい職場」、 「オープンなコミュニケーション」の4つと捉え、 各種施策を実施しています。

(3)2018年度は「3つの重点推進事項」を設定
2018年度は、 1.生活習慣病の予防、 2.メンタルヘルス不調対策、 3.ワークライフバランスの充実の3つを重点推進事項とし、 特に取り組みを強化しています。

2.「健康100日プロジェクト」で健康活動を習慣化

健康経営の中心的な施策の1つとして従業員全員で行った取り組みが「健康100日プロジェクト」です。 「健康100日プロジェクト」は、 JTBベネフィットが株式会社Be&Do(大阪府大阪市 代表取締役:石見一女)と共同で提供する、 健康活動の習慣化やコミュニケーションの活性化を目的とした100日間のプログラムです。
参加者はあらかじめ「2キロ痩せる」、 「体脂肪率を下げる」など、 100日間で達成したい健康に関する目標と、 その実現のための、 「野菜から食べる」などの行動目標を設定します。 そして、 スマートフォンやPCから、 自身のチームの専用ページにアクセスし、 掲示板やメッセージの機能を活用し、 互いに応援し合いながら、 目標達成に向けて取り組みます。 JTBベネフィットでは、 全従業員をランダムに28のチームに分け、 本プロジェクトを実施しました。 その結果、 下記の改善が見られました。

1.「運動の習慣化が出来ている」従業員が

76.0%から81.5%

に増加
2.「自身の健康に気を付けている」従業員が

75.5%から91.9%

に増加
3.「自身の生活習慣についてマネジメントできている」従業員が

61.7%から75.0%

に増加
4.「職場でのコミュニケーションが円滑に取れている」従業員が

67.3%から84.7%

に増加

今後もJTBベネフィットでは、 健康経営の中心的な施策として「健康100日プロジェクト」を継続実施するとともに、 健康経営の推進を目指す企業・法人へのサービス提供も引き続き行ってまいります。

3.JTBグループ全体の取り組み

JTBベネフィットが所属するJTBグループもこのたび、 グループとして「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されました。 JTBグループでは、 加入者の健康や福利厚生サービスを担う組織である「Jスクエア」と労使が連携し、 従業員の健康保持・増進に取り組んでいます。
今後も、 「従業員一人ひとりが主体的に健康づくりに取り組むこと」を中心軸に据え、 グループを挙げて健康経営の推進に取り組んでまいります。
JTBベネフィットはこれからも、 経営理念で標榜している「健康で心豊かな社会の実現」に向けて、 自社の健康経営を推進していくとともに、 働くすべての人々の健康のために、 様々なサービスの提供を行ってまいります。

【参考】

■  JTBベネフィットの健康経営宣言
当社は経営理念において、 「活力ある組織創り」と「健康で心豊かな社会の実現」への貢献を標榜しており、 その実現のためには、 全従業員にとって「心身ともに健康でイキイキと働くことのできる環境(『健康なカラダ』・『健全なココロ』・『働きやすい職場』・『オープンなコミュニケーション』の『4つの健康』)」の充実が重要であると考えます。
この「4つの健康」の充実のために、 会社・健康保険組合・従業員とその家族が一体となり、 「従業員自身が健康に対し自律的に行動するための支援」と「風通しが良く、 働きやすい職場創り」に継続的に取り組んでいくことをここに宣言いたします。

■「健康100日プロジェクト」イメージ