ホワイト企業に関する調査・アンケートや最新の動向がわかるメディア。

看護職員不足改善に向けた医療専門コンサル 「B&Cメディカル」を3/1発足  7人に1人が離職する医療業界の働き方改革を支援

前のページへ戻る

whitecompany-bc

企業価値の向上と働き方改革を手掛ける株式会社B&C Lab(ビーアンドシーラボ、本社:東京都港区、代表取締役:井尻 雄久)は、病院の組織変革により経営改善を実現する医療機関専門の社内カンパニー「B&Cメディカル」を、2019年3月1日に発足します。

whitecompany-bc-logo

URL: https://www.bcmedi.jp/

昨今、医療サービスの質向上が求められるなか、病院やクリニックなどの医療機関から「離職率を改善させたい」「地域で病院の価値をもっと知ってほしい」というご要望を多くいただくようになりました。企業とは異なる病院の特異性を踏まえ、医療機関専門の社内カンパニー・B&Cメディカルを設立します。医療業界は現在、従業員のモチベーション維持や離職率の改善が重要課題になっています。B&Cメディカルは「病院への愛着と仕事への誇り」を従業員に形成し、内発的なモチベーションによる医療サービスの質向上を支援します。

【約7人に1人が離職する医療業界】

厚生労働省が2018年8月に発表した「平成29年雇用動向調査結果(※1)」によると、業界別の離職率で4番目に数値が高いのは医療・福祉(14.5%)です。この割合は、1年間に約7人に1人が医療・福祉関連の機関から離職していることになります。

高いモチベーションで医療業界に入ったものの、職場への愛着が持てないことや他の医療機関への興味から転職を希望する医療従事者が多い状態です。

参考グラフ

https://www.atpress.ne.jp/releases/177273/img_177273_2.jpg

(※1) https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/18-2/dl/gaikyou.pdf

【患者と医療従事者から選ばれる病院の実現へ、「B&Cメディカル」を発足】

国内では「2025年問題」に象徴されるよう、団塊の世代が2025年までに後期高齢者(75歳以上)に達する事から、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されています。一方で、医療機関は慢性的な業務過多から従業員モチベーションや医療サービスの低下、離職率の悪化が懸念されています。

B&Cメディカルは、医療機関を支える院長や従業員のモチベーションを高めると同時に多職種間の連携、対応力の向上を促すことで、「患者と医療従事者から選ばれる医療機関」の実現をサポートします。

【働きがいを感じる医療機関に向けて】

医療従事者にとって、モチベーションの源泉は病院が掲げる理念やビジョンへの共感です。しかしながら、多くの病院で類似した理念を掲げているのが現状となります。そこで、B&Cメディカルは病院の独自価値を再発見し、その独自性に基づいてビジョンを描きます。「地域からどのように喜ばれる医療機関になるべきか」というビジョンを院長や従業員とのディスカッションから設定します。

【B&Cメディカルについて】

B&C Labはこれまで、企業や医療機関の価値向上や働き方改革に向けた活動をサポートしてきました。その実績を踏まえ、今回発足するB&Cメディカルは、医療機関の従業員モチベーション、組織変革、集患サポート、広報活動、採用ブランディングなどのメニューを用意し医療経営を支援します。

●B&Cメディカル発足を記念して、サイトからお問い合わせいただいた方限定で「院長先生のための病院ブランディングの基礎」を進呈します。

https://bcmedi.jp/contact/

【受診者満足度87.9%、受診者増を実現した「みの健康管理センター」の取組み】

みの健康管理センター(岐阜県・美濃市立美濃病院内)には2017年より導入いただき、対応力の向上、受診者の増加、離職率の改善、組織変革を支援しています。健診受診者を対象とした調査で、受診満足度87.9%と高い評価から口コミの拡散につながっています。

【会社概要】

商号  : 株式会社B&C Lab

代表者 : 代表取締役 井尻 雄久

所在地 : 〒108-0075 東京都港区港南1-9-36-13F

設立  : 2013年5月

事業内容: 企業や医療機関の経営改善に向けたコンサルティング

資本金 : 700万円

URL   : https://www.bcmedi.jp/