ホワイト企業に関する調査・アンケートや最新の動向がわかるメディア。

ホワイト企業とは

前のページへ戻る

ホワイト企業とはどういった企業か

近年、ブラック企業、ホワイト企業という言葉を良く耳にするようになっています。
劣悪な環境での労働を強いるブラック企業の対義語として、社員の待遇が良く、働きやすい企業を総称した企業がホワイト企業と呼ばれています。

ホワイト企業の特徴

では、ホワイト企業の特徴とはどういったものがあるでしょうか。
もちろん人によってホワイト企業の基準は違いますが、おおむね共通しているのは以下の特徴です。

・年収が適切な額である
・残業が無い、もしくは少ない
・福利厚生が充実している
・離職率が低く、長く働いている人が多い
・仕事に対する適切な評価がされる
・社内の雰囲気が良い

年収が適切な額である

ブラック企業に多く見られるのが「これではとても生活できない」という報酬です。
ブラック企業の求人の場合、報酬額が一見適切に見えても、実はその報酬には裏がある事も多い為充分な確認、情報収集が必要となります。
ホワイト企業の場合、年齢や業務内容、個人の能力に見合った報酬が支払われる事がほとんどですので、生活できない、家族を支えられないという心配は少なくなります。

残業が無い、もしくは少ない

ホワイト企業は仕事量の適切なマネジメント意識が高く、無理な仕事量にならないよう常にコントロールしています。そのため、ホワイト企業では残業はほとんど無い、あっても月数時間になります。
また、残業が発生した場合でも、その分の残業代がしっかり支給されるのがホワイト企業の特徴です。

福利厚生が充実している

ホワイト企業では、健康保険や厚生年金はもちろん、各種手当てや割引制度などが
充実しています。会社によってはユニークな手当てや制度を実施している企業もあります。
一見手取り報酬が少なく見えても、実は福利厚生や制度がとても充実しているケースもあり、見た目の報酬以上の恩恵を受けている事もあります。
女性で結婚や出産、育児をしながらの仕事を視野に入れている場合、福利厚生は重要な要素となってくるでしょう。

離職率が低く、長く働いている人が多い

ホワイト企業は離職率が低いのもまた特徴です。ブラック企業と違い社員を使いつぶすのではなく、長く働いてもらうという前提ですので、前述した残業無しへの取り組みや福利厚生の充実など、社員が働きやすい環境を整えています。
社員の勤続年数や離職率はホワイト企業を見極める一つの指標となります。

仕事に対する適切な評価がされる

ブラック企業の場合は評価の基準が明確でなく、酷いところですと成果を残したにもかかわらず上司の気分で適切な評価がされなかったケースもあるそうです。
ホワイト企業の場合、評価基準が明確になっているところが多く、仕事に対する評価はその基準によってつけられます。
「仕事を全くしていないのに、上司に媚びを売る人間だけが評価される」という事が無いのです。

社内の雰囲気が良い

ブラック企業は殺伐とした雰囲気の所も多く、常に上司の怒鳴り声が響いている、などという会社も存在するようです。
ホワイト企業の場合、残業時間や仕事に対する適切な評価などがきちんとコントロールされていますので社員に余裕があり、社内の雰囲気が良くなり、自然と仕事に対するモチベーションが高くなり、結果を出す事ができるという良い循環が生まれるのです。

一見高報酬、高待遇に見える企業でも、実際は書いてある事と全く違う、というブラック企業も存在しますのでホワイト企業を見極める目を持つことと、十分な情報収集が大切と言えるでしょう。